ペニス増大手術の種類

ペニス増大手術には3つの種類があります

ペニス増大手術_種類
ペニスを増大(短小改善)するのための手術の種類は大きく分けて3つです。
増大手術以外にも包茎手術やインプラント手術等がありますが、それらは増大法ではないので省略いたします。

では、実際に、外科医療の現場では主流となっている、3種類のペニス増大手術の詳細を説明していきます。

ペニス増大手術1:埋没陰茎長茎手術

この方法は身体の中に入っているペニスを引っ張り出して、その状態をキープできるようにする方法です。
ペニスの付け根を2~3センチ程度切開し、引っ張り出して固定します。

メリット:確実に長くすることができる
デメリット:太くはできない
高額な費用(20万~30万)
傷跡が残る
1か月間運動 NG
1週間SEX NG

>>埋没陰茎長茎手術に関する詳細情報

ペニス増大手術2:脂肪吸引式長茎手術

この増大手術法は、その名の通り、腹部に付いた脂肪を吸引することで、ペニスを長く見せる方法です。
ペニスを付け根付近を切開して、腹部の脂肪を吸引します。吸引後、腹部に脂肪が付きにくくまります。
この方法は肥満体形の方にお勧めです。

メリット:確実に長くすることができる
デメリット:太くはできない
肥満体形の人にしかできない
高額な費用(25万~40万)
傷跡が残る

>>脂肪吸引長茎手術に関する詳細情報

 

 

ペニス増大手術3:亀頭増大手術

このペニス増大法は、亀頭部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注射し、亀頭部分を増大させる方法です。
注射によって施術をしますので、手術という印象はあまりなく、お手軽に利用できると思います。
最近ではアクアミドやバイオアルカミドの非吸収のタイプを注射することも可能です。

メリット:確実に亀頭部を大きくすることができる
傷跡が残らない
デメリット:長くはできない
高額な費用(5万~10万)
定期的に注射を受け続けなければいけない

>>亀頭増大手術に関する詳細情報