ペニス増大サプリのメカニズム(前編)

ペニス増大のメカニズムを考える

現在、日本国内で入手できるペニス増大サプリは、国産品、輸入品を含めて2000種類以上と云われています。残念ながら、その中で増大効果が来た出来るレベルの製品はほんの一部です。少し前のデータになりますが、国内で販売されている増大サプリをランダムに調査したところ、200製品中、増大効果が期待できるレベルのものは僅か2~3種類しかありませんでした。驚くべきことに、市販の増大サプリの98%前後が、まったく効果のない似非増大サプリでした。増大サプリを選ぶうえで重要なのは配合成分です。ペニス増大を実現するためのメカニズムと成分を簡単に説明いたします。

ペニス増大サプリのメカニズム

ペニス増大サプリで増大を実現するためには3つの要素が必須だと言われています。

123

<血流改善効果>

増大を実現する上で最重要なのはペニスへの血液流入量を増加させることです。そのために必要なのは身体全体の血流を改善することです。有名な成分ではシトルリンなどの血流改善効果が有名です。

<催淫効果>

勃起の頻度を増やすことも増大に意味を持ちます。その為には催淫効果の強い成分を摂取することが効果的です。多くの増大サプリに配合されているガラナ、マカなどもこれにあたります。

<強精効果>

増大に不可欠な強い勃起を実現するために必須なのが男性ホルモンです。この男性ホルモンが減少すると、いわゆる“弱くなった”状態になり、増大に必要な強い勃起を得られません。男性ホルモンの必要量の分泌を促す成分としては亜鉛やアルギニンなどが多いようです。

増大サプリでの増大メカニズムとは

グラフベース2

上記グラフは、増大サプリを服用していない時期(青の部分)と服用している時期(ピンクの部分)のペニスへの血液流入量、勃起頻度、男性ホルモンの分泌量を比較したものです。ご覧いただけるように、服用していない時期に比べ平均で130%前後増加しているのが判ります。つまり、この服用時期においては
、より多い回数、より強い、より長時間の勃起が実現され、ペニスを内部から膨張させていたことが判ります。

≪口コミ評価≫

投稿はコチラから


Submit your review