ペニス増大の基本メカニズムとは

ペニス増大のメカニズムについて簡単に説明します。

外科手術を除いたペニス増大は、“細胞の適応力”を利用して実現されます。
この細胞適応力とは、体の一部に適度な圧力(牽引力など)を加えた際に、細胞がその負荷に適応しようと自然に変化する人間に本来備わっている機能の一種です。
この細胞の適応力という原理は、形成外科の分野、特に組織の再生や植皮手術(皮膚欠損、火傷、脱毛部分)の目的で利用されている他、整形外科でも骨幹や指骨を伸ばすために用いられています。また、金属の輪を首に巻きつけ、徐々に首を長くする習慣を持つビルマの首長族や、錘をぶら下げて耳や唇など、体の一部を長くさせるアフリカやアマゾンの種族など、この細胞の適応力を利用して人体を改造する種族も存在します。

20131223_616289

ペニス増大とは細胞適応力

ペニス増大とは、この“細胞の適応力”をペニスに当てはめ、ペニスに対して増大方向に適度な圧を与えることにより、恒常的な増大を実現するものです。
簡単に言い換えれば、牽引器具で引っ張ったり、真空ポンプで膨張させた状態を繰り返すことにより徐々に細胞を適応させようというのがペニス増大の基本メカニズムです。

andropenis-results

 

サプリや医薬品などの増大法もメカニズムは同じです。但し、圧を掛ける方向が外部からの圧力ではなく、ペニスの内からの圧力により増大を実現します。具体的には、多量の血流をペニスに送り込み、通常以上の勃起を繰り返しさせることにより細胞を中から肥大させます。内部から膨張させるわけです。イメージとしては、ゴム風船に毎日多めの空気を入れ続けると、徐々にゴムが伸びて空気を抜いた状態でも伸びたままに状態です。

 

drhark1002

細胞の適応性と医学への転用はまぎれもない事実です。その一方で、この技術をペニスに適用とすると、”ニセモノ”扱いされるのは不思議なところです。
米国、EU諸国の医療界では、ペニス増大はタブーでもなく市民権を得ています。わが国でも、ペニス増大が白い目で見られることなく、取り組める日が来るのを願っています。

 

 

≪口コミ評価≫

投稿はコチラから


Submit your review