ペニス増大法3種

ペニス増大のアプローチは3種類

ペニス(陰茎)増大は、おおまかに3つのカテゴリーに分類されます。

1. 外科的な増大

2. 外的な圧力による増大法

3. 内的な圧力による増大法

勿論、これ以外にも効果があるのか疑わしい増大法は多数ありますが、実際に効果が実証されているという意味ではこの3種類に分けて間違いないと思います。

 

外科的なペニス増大法

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_l

1.の外科的な増大法とは、ずばり外科手術による増大方法です。手術の方法や部位により幾つかに分類されますが、大きく分けて以下の2種類に分けられます。

a.ペニス(陰茎部)を長くする(長茎)を目的とした長茎手術

b.亀頭部を大きくする亀頭増大法

a.b.とも、それぞれ手術法や使う薬剤によってさらに細分化されています。

外科的な増大法のメリットとしては、一番は確実にサイズアップを図れるということが挙げられます。ほとんどの手術が入院不要で、その日のうちに自分で帰宅できます。

デメリットとしては、リスクを伴うこと、高額なこと、痛みを伴うこと、傷が残ること、そして何よりも失敗するリスクが常にあることなどが挙げられます・

当サイトの趣旨として第三者的な情報提供を心掛け、特定の増大法を推奨するのは極力避けていますが、昨今の失敗事例、料金トラブルなどの多さを考慮すると、あまりお勧めできないのが現状です。

 

 外的な圧力による増大法

メイルエッジ

2番目の外的な圧力による増大法とは、外からの物理的な力によってペニスを大きくして、その定着を狙ったアプローチです。

簡単に云えば、俗にいう“増大器具”と呼ばれるものを使ったものが主です。自らの手によりマッサージする増大法も、外的な圧力による増大法の1種です。こちらも大きく2種類の器具、原理があります。

a.けん引式増大法:有名なアンドロペニス、あるいは米国製のメールエッジ、手によるジョルティングなどのマッサージも含まれます。

b.真空式増大法:真空状態の筒状の容器をペニスにかぶせ、気圧差でペニスを膨張させることにより増大を図ります。
 

内的な圧力による増大法

ペニス増大口コミ_アンドロファーミアビガー

3番目の内的な圧力というのは、主として医薬品やサプリなどにより、血流を改善することによりペニスの勃起を改善し増大を図ります。

前述のアンドロメディカル社からもこの原理を応用したアンドロファーミア、アンドロペニスという矮小ペニスの治療を目的としたサプリメントが発売されています。

 

≪口コミ評価≫

投稿はコチラから


Submit your review