アンドロヤマトV3【関連情報】

アンドロヤマトの効果

アンドロヤマトV3はペニス増大器具になります。増大器具と呼ばれているものは最近では商品の数も増えてきましたが、その中でどれがいいか迷ってしまうでしょう。そこで、アンドロヤマトV3にはどんな効果があるのかまとめてみました。

まず、目安としては1日2時間~4時間の装着がいいと言われています。ただ、会社や外では装着することができないので、家にいるときしか無理になります。家に帰ってきてから2時間は装着ができると理想的ですね。これぐらいの時間の間は装着しておかないと効果が出ないとなっているので、装着時間についてはよく把握しておきましょう。

そして、実際のアンドロヤマトV3の効果ですが、みなさん平均して20日以上続けた場合に徐々に効果が出てきているのを実感しているようです。つまり、1ヶ月くらいは最低でも続けないといけないということになりますね。ただ、装着に慣れてくると時間もかからないのでスムーズにできるかと思います。

1週間ごとにペニスのサイズを測るのを日課にしてみると、よりペニスの増大具合を知ることが出来るでしょう。なので、毎週計測する日を決めておくといいでしょう。平均すると1ヶ月で5ミリ程度は可能となっているので、じっくり向き合いながら増大させていきましょう。

アンドロヤマトV3_増大器具

アンドロヤマトの使用方法

アンドロヤマトV3はペニス増大器具です。今まで増大器具なんて使ったことないという男性にとっても使いやすい製品にはなっています。そこで、アンドロヤマトV3の使用方法について説明したいと思います。

アンドロヤマトV3は見た目もとてもシンプルな作りになっているので、慣れるとすぐにつけられるようになっています。そして、使用方法としては他の増大器具とそこまで違いはありません。まず、亀頭部分にバンドを引っ掛けます。あとは引っ張るようにして、根元部分につければ完了です。亀頭部分にうまく引っ掛けることができたら、もう大丈夫です。あとはこれを数回繰り返しているうちに慣れてきて、こつもつかめるようになります。

おすすめは帰ってきてから寝る前の間になるべく早くお風呂に入ってしまい、アンドロヤマトV3を装着するという流れです。早くお風呂に入ってしまえば清潔になるので、その分安心してつけられます。早めに入っておくことで、寝るまでの数時間の間アンドロヤマトV3をつけておくことができます。痛みがないと好評なので、初めてアンドロヤマトV3を使う人でも安心して使用できるでしょう。

アンドロヤマトV3を使用するタイミング

アンドロヤマトV3は男性のペニスを大きくさせてくれる器具になっていますが、試してみたことのある人はいますか?ペニスに器具をつけて大きくさせるというものになるので、付け方などは正しくつけないと意味がありませんよね。そして、つけるタイミングも重要になってきます。

なぜなら、アンドロヤマトV3は最低2時間ほど装着しておかないと意味がないと言われているからです。よって、家にいる間できるだけアンドロヤマトV3をつけておかないといけないということにもなるんです。つまり、仕事をしている男性にとっては、アンドロヤマトV3をつけるタイミングが限られているということになるんです。

よって、平日仕事から帰ってきた時もすぐにお風呂に入ってすっきりしてからすぐに装着するようにしてみましょう。たとえば、7時くらいに帰ってきてお風呂に入ったあとにつけるとなると、8時には装着が完了するでしょう。あとは、11時に寝るとしても3時間アンドロヤマトV3を装着したことになります。このようなタイミングで装着するようにすると、しっかり効果を感じられるでしょう。

アンドロヤマトV3_ペニス増大

アンドロヤマトV3を使用するコツ

アンドロヤマトV3はペニスを大きくさせてくれる増大器具になりますが、使い方のコツってあるのでしょうか?コツさえわかれば自分もできるかもと思っている人が多いと思います。痛みもなく増大させることができると言われている器具なので、みなさん気にもなっていると思います。そこで、アンドロヤマトV3を装着するコツを紹介しましょう。

まずは、最初に亀頭部分にゴムを引っ掛けないといけません。ここがしっかりできるかによってあとが左右されてきます。この亀頭部分にしっかり装着するコツですが、亀頭部分をつまんで手前に倒した状態で装着すると、うまくいくようです。そして、シワにならないようにバンドするということがポイントになっています。

コツさえつかめば簡単と言われているので、アンドロヤマトV3を早めに買ってなれることが大事です。慣れてしまうとそれ以降はスムーズに装着できるようになるので、何度も試していく中でコツをつかむことが大切になってきます。増大器具は使い方が難しいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、慣れてくると簡単にできるようになります。